脱毛エステ 北海道

北海道では寒さに負けずハイジニーナをしている女性が多い

北海道ではVラインを主体としたアンダーヘアだけの除毛に留まらず、下のムダ毛を全て処理するハイジニーナ脱毛がプチブームです。
なぜこんなに寒い北海道で?と思ってしまうのですが、ちゃんと理由はあるようです。

観光名所でもありながら札幌は歓楽街としても賑わっている
大人が集う北海道には脱毛エステのお店がどんどん進出しています。
それがハイジニーナ脱毛が流行っている主な理由です。
ミュゼプラチナムは札幌市だけでも今のところ5店舗ありますからね。
すすきの周辺にもありますし、琴似にまであります。

脱毛エステには必ずセットプランとしてVIO脱毛がメニュー化されていて、料金もわりかし安いということから特に20代の女性は利用価値を見出しています。
割安で美しさを得ることができるのもブームの火付けとなっているようですね。

<ハイジニーナ脱毛とは一体何?>
ハイジニーナ脱毛はVライン、Iライン、Oラインを全てセットにして除毛を行うことです。
総称してVIO脱毛。

下のムダ毛が全く無くなってツルツルの状態になるので、初めて処理する人は勇気がいるようですね。
アンダーヘアを全てなくすということは肌に負担がかかります。
いきなり全処理すると肌が被れたという人もいるので、たしかに注意は必要です。
一度、自己処理して状態をみて大丈夫のようなら、永久性を求めて脱毛エステデビューしたほうが賢明かと思います。

<施術による痛み>
ハイジニーナはデリケートゾーンの毛を全部なくすということですから「痛みが伴うかも」と心配する女性の声をよく聞きます。
しかし、実際施術を受けた人の多くは「気になるほど痛くなかった」という意見が口コミでは大半を占めていました。
これは本当でしょうか。
実際、各脱毛エステに通うお客に取材を試みましたので参考にしてください。
・ミュゼプラチナム(函館五稜郭)→光脱毛のなかでもジェルを塗布した比較的やさしいS.S.Cのため、全く痛くなかった。
ゴムで弾かれるような感覚。

・エステティックTBC(旭川市、釧路市)→美容電気脱毛というプローブを皮膚のなかの毛根に入れて電流を通すので、けっこう痛かった。
例えようのない変な感じの痛み。

<対策>
毛量にもよりますが、痛みを感じたらエステティシャンに声を掛けて出力を弱めてもらうと良いでしょう。
それにVIO脱毛は必ず全部を脱毛する必要はありません。
特にOラインは粘膜がある部位なので、痛ければVラインとIラインだけにして、その分料金を安くしてもらうなど担当者と相談してどの程度施術していくかを決めましょう。

このようにハイジニーナまで辿り着くには、初歩の勇気や施術期間、毛周期の兼ね合いにより長い時間を要することを念頭におかなければなりません。
ですが、達成後の満足感は何事にも変えられない喜びとメリットに満ち溢れています。
何より生理時の蒸れの不快感がなくなり、「快適に過ごせるようになった」「臭いが気にならなくなった」という声をよく聞きます。
可愛い下着も、際どい水着も、周囲を気にすることなく着用できるのは最大のメリットですね。
以上のことから北海道もそうですが、全国的に最も注目されている脱毛個所となっているのは事実のようです。